【おすすめ記事】志望動機作成のコツ

介護のUターン情報局

増えつつある介護Uターンの現状を知る

介護Uターンの現状について

出身地を離れて生活していた人が、何らかの理由でまた出身地やその周辺に戻って生活することをUターンと言います。その中でも、家族の介護を理由としたものは「介護Uターン」と呼ばれています。近年、少子高齢化などの影響によって増加している介護Uターンは、もはや他人事ではありません。自分がその立場になった時、どんな準備をするべきなのか、地元での仕事はどのように選んだら良いのか、今から考えておいたほうが良いかもしれません。

  • Uターンする人が増加中

    Uターンする人が増加中 Uターンする理由には様々なものがありますが、特に働き盛りやベテランの世代では家族の介護のためであることが多いようです。任せられる兄弟や親戚などがいないために、今までの仕事を手放して地元に帰ることになるのです。介護を理由に仕事を辞めることは「介護離職」と呼ばれていますが、そこにはどういった問題があり、どういった対策が必要とされているのでしょうか。増加している介護Uターンに関わる問題や可能性と共に知っておきましょう。

    続きを読む
  • 介護を理由にUターンした人の体験談

    介護を理由にUターンした人の体験談 実際にUターンを経験した人の体験を紹介します。地元へ戻って生活をするにあたって、仕事をどうするかということは解決しなければならない大きな課題のひとつです。ここで紹介しているAさんは転職エージェントを利用して転職活動を行ったそうですが、その中でどんな葛藤があったりどんな準備が必要だったのかについてお話ししてくれています。もしUターンを考えているのならば、参考になるポイントがたくさんあると思いますので、ぜひご一読ください。

    続きを読む
  • おすすめの職種は介護職!

    おすすめの職種は介護職! 都市圏で転職を考えた時には、希望の職種の求人は大抵の場合見つかるでしょう。しかし地方での転職の場合は大きく状況が変わってきます。全体の求人数が少ないだけでなく、希望する職種自体が見つからない場合も十分に考えられるのです。そんな地方の転職事情を考えた時、Uターン後の職種としておすすめなのは介護職です。今や全国のいたるところで需要が高くなってきている介護職ならば、地域の特色に関わらず求人が存在するはずです。加えて、その後のキャリアアップがしやすい職種でもあるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

    続きを読む
  • 職場となる介護施設の種類

    職場となる介護施設の種類 Uターン転職の際には介護職がおすすめであるとご紹介しましたが、実際に介護職が働く職場にはどういったものがあるのでしょうか。利用者の介護度や勤務時間帯、夜勤の回数など、それぞれの施設形態によって差がありますので、自分のライフスタイルに合いそうなものがあるかどうか確認してみましょう。また、施設によって活かせるスキルも変わってきますので、特にどういった内容の仕事に力を入れたいのかということも想像してみると良いでしょう。

    続きを読む
介護Uターンの現状について

特集カテゴリ一覧