【おすすめ記事】志望動機作成のコツ

介護のUターン情報局

ポイントを押さえて納得の介護Uターンを

介護のUターン情報局

介護のUターン情報局

日本で大きな課題となっている少子高齢化は、誰にとっても決して他人事ではありません。近年、家族の介護を理由に離職し、地元に戻って生活をする人が増えてきていると言います。その現状はどういったものなのか、そして自分がその立場になったときにどういったことに気をつけておけばよいのか、まだ家族に介護は必要ではないと思っている人も、今から知っておいて損はないはずです。また、今まさに介護を理由にUターンを考えている人にとっても参考になれば幸いです。

カテゴリ一覧

  • 地元を離れて生活したあと、また地元に戻ることをUターンと呼びます。若い世代では都会でのストレスが理由であるケースが多いようですが、働き盛りの世代では家族の介護が理由であることが多いのです。経済活動の中心で能力を発揮していた人材が、突然仕事を辞めてしまうのは国にとっても大きな痛手のはずです。地方への転職は都会と同じようにはいきませんが、貴重な人材を活かせる場としてどんな職種が考えられるのかご紹介します。また、実際にUターン転職を経験した人の体験談も併せてご参考ください。

  • 地域によって違いはありますが、東京などの都市圏と比べて地方での転職活動は簡単に進むものではありません。馴染みのある土地であったとしても、まずはこまめな情報収集をすることが必要です。また、一人の力だけで納得のいく転職先を見つけるのはとても難しいでしょう。地域に合った方法でなるべくスムーズに進められるよう、様々な方法を知っておくことをおすすめします。同時に自分のキャリアについて振り返り、この地域が求めていることにどう応えられるのか、ということも整理しておきましょう。

  • 転職活動に関するもの以外にも、Uターンについて知っておいてほしいポイントはいくつかあります。住居に関しても早く決めなければと焦ってしまうかもしれませんが、まずは転職先を決めてからのほうが後悔せずに済むはずです。また、Uターンのために仕事や住居について考えていると大変なことばかりのように思えてきますが、都会を離れるからこそ感じられるメリットもたくさんあるのです。実際に住んだ時のイメージをしながら、前向きに情報収集をしてみましょう。

  • Uターンの理由は様々ですが、それが自分以外の誰かにあるのならなおさら、後悔しない環境を作れるよう準備しましょう。可能ならば、じっくり時間をかけて決めていくことがおすすめです。仕事や生活環境も今までと同じようにはいかないので、なるべく自分の希望と目的に沿った転職先や住居を選べるようにしたいものです。そのためにおすすめの転職方法や職種、Uターン準備の順番について紹介していますので、参考にしてみてください。

特集カテゴリ一覧