【おすすめ記事】実はメリットがたくさんある!

介護のUターン情報局

介護Uターン転職の際には志望動機に工夫が必要

志望動機作成のコツ


都市圏とは求める人物像が違う

転職や就職の際には、どんな場合でも志望動機はとても大切なポイントになります。そして、その志望動機は自分のキャリアや今後の生活を具体的に考えたものでありながら、採用者にとって魅力的なものでなければなりません。通り一遍の美しい台詞だけでは、人の心を打つことはできないでしょう。
特に地方では、都市圏とは違った注意点があることを覚えておきましょう。都市圏で大企業に勤めようとするならば、自分の学歴やキャリアを存分にアピールしながら発展的な目標を掲げるのも良いでしょう。しかし地方企業が求めているのは、そういった華やかなものではなく、何よりも「長く堅実に働いてくれる人」であることが多いです。プライドが高く上司の意見を聞いてくれなさそうという気持ちから、学歴の高い人を採用しないという職場もあるくらいなのです。何もできないほうがいい、ということでは決してありませんが、地方には地方独特の採用基準があることを覚えておきましょう。

地元の役に立ちたいという思いを伝える

それでは地方独特の採用基準とは何でしょうか。それぞれの地域やその企業によって違いはありますが、共通して言えることは、少子高齢化の影響などから活気がなくなってきていることに少なからず悩みを抱えているということです。そういった窮地を救ってくれる人材を求めているのです。前職で培ったスキルを元に、地域の活気を取り戻すために自分は何ができるのかということを伝えてみましょう。
ただ地元に貢献したいというだけでは、よくある志望動機なので、採用者にはあまり魅力的に映りません。地元が置かれている状況を把握した上で、なぜ貢献したいのか、どうやって貢献しようと考えているのかを具体的に伝えられるように整理しておきましょう。

そこで働く理由を具体的にする

単に「地元で働きたいから」という志望動機は、Uターン転職で失敗しがちな代表例です。Uターン転職をするのには様々な理由があるはずです。家族の介護のためであったり、のびのびと働きたいという気持ちがあったり、家族の将来を考えた上のことであったり、決して「なんとなく」ではないはずですが、それをうまく説明できないと面接官からネガティブな印象を持たれてしまう可能性があります。都会から逃げてきたのか、親に甘えたくなったのか、というような誤解を与えてしまうこともあるので注意しましょう。
また、なぜ地元なのかということに加え、なぜその企業なのかということについてもしっかり説明できる必要があります。これまでの自分のキャリアや、その中で地元貢献につながりやすいポイントを見直してみましょう。

素直な気持ちも大事

志望動機をしっかり整理し的確に説明するのは大切なことですが、面接官も人間です。どこか人間らしい、共感できるポイントがあったほうが、採用につながりやすいでしょう。本心というのは、話を聞いている人に伝わりやすいものです。作りこまれたものではなく、素直な気持ちも伝えてみましょう。
例えば、自治体で行っているUターン転職の支援が魅力的だったり、子育てのために都会を離れようと考えたり、という理由は悪い印象にはなりません。生活そのものをイメージさせるような志望動機は、長く働いてくれる人材を求めている地元企業にとってむしろプラスのポイントにもなり得るでしょう。

特集カテゴリ一覧