【おすすめ記事】介護を理由にUターンした人の体験談

介護のUターン情報局

介護Uターン転職の相談はエージェントへ

エージェントを利用して効率的に転職!


地域密着型のエージェントに相談してみる

Uターン転職の際の悩みのひとつとして挙げられるのが、面接の時間や交通費を用意しておかなければならないことです。面接の交通費を負担してくれる企業は、ほとんどないのではないでしょうか。つまり、自分で直接企業に応募し何社かの面接が決まったとしても、別々の日程であればその都度交通費をかけて移動しなければならないのです。
転職エージェントを利用すると、こういった負担を最低限に抑えることができます。1日に複数の面接が受けられるような日程調整もしてくれるので、時間と交通費を節約することができるのです。

自分と企業との直接のやりとりの中では、せっかく面接の機会を作ってもらったのに、という気持ちからなかなか希望日を指定しづらい場合もあるかもしれませんが、転職エージェントに任せていれば気兼ねなく希望を伝えることができるでしょう。
地域の情報に精通した、業界専門のエージェントならば、きっと最善のスケジュールを組んでくれるはずです。

「地元に戻りたい」は志望動機として有効か

一般的な転職においても志望動機を整理しておくことが必要ですが、Uターン転職の際にも志望動機は大きなポイントとなります。Uターン転職の際はそもそもの目的が地元に帰ることであるため、そのまま志望動機としてしまいがちですがこれだけでは弱いのです。自分のキャリアを活かしつつ、この地元だからこそ、というような熱意を感じさせるものにしましょう。
例えば、「飲食店チェーンの企画で培った経験を活かして、地元でとれた野菜の販路拡大を目指したい」「IT企業でWeb制作を担当し学んだノウハウを活かして、地元を代表する企業の広告をもっとより良いものにしたい」など、仕事内容の拡大を意識した動機を作成するのが効果的です。
ただ、自分一人でキャリアの棚卸しやスキルの整理、どう活かしていけるのかを考えるのはとても大変な作業であり、どうしても見方が偏ってしまう場合があります。そんな時にも転職エージェントは力になってくれます。

今までの経歴やスキルを把握することはもちろん、転職先に希望したい条件などを加味した上で、どんな職場がマッチするのか、どのように自分を活かしていけるのかについて丁寧に話をしてくれます。就職後のキャリアについても考えながら求人を紹介してくれるので、安心してサポートを受けられるのです。

求人情報は常にチェックする

都会に比べて地方の求人数は少ないので、条件の良いものはすぐに決まってしまいます。なるべく自分の希望に近い条件の求人を見つけるためには、こまめに情報を収集しておくことが必要です。
地元の友人や親戚にチェックしておいてもらうことも有効ですし、地元紙を入手するのも良い方法です。しかし表立って応募していない求人については、これらの方法では知りようがありません。こういった求人は非公開求人と呼ばれますが、転職サイトや転職エージェントを利用することで情報を得ることができます。

コンサルタントに相談することによって、自分にとっても企業にとっても嬉しいマッチングを行ってくれるので、なかなか求人の少ない地方への転職であればなおさら利用することをおすすめします。ただ、毎日コンサルタントと話をし続けるわけにもいかないと思いますので、自分でサイト内の求人をこまめに確認することも必要です。様々な条件で検索することが可能ですが、ある程度視野を広げて考えてみることも忘れないようにしましょう。

特集カテゴリ一覧