【おすすめ記事】その他の方法も検討

介護のUターン情報局

介護Uターンでおすすめの職種は


Uターン転職なら介護職がおすすめ

一言でUターン転職と言っても地元の状況はそれぞれ異なるので、どんな職業の求人が多くあるのかは一概に語ることはできません。しかし介護職ならば、多くの地域で就職することが可能でしょう。高齢化に伴い、介護業界は他の職種と比べて大変な人手不足に陥っています。これからもその状況は進んでいくと見られているため人材確保が重要視されており、将来的にも需要が高まっていきます。他の業界よりも選択肢が多い分、自分の希望に合った職場が見つけやすく、長く安定して働き続けることができるのです。
また介護職の経験がある人ならば、都会で学んだスキルを活かすことができるので鼻が高いでしょうし、未経験でも地元の人たちが本当に必要としている仕事を担うことで精神的にも充実した生活を送れることでしょう。

持っておくと良い介護系の資格

介護の仕事は未経験から始めることもできますが、Uターン転職を確実に成功させたいと考えるならば、介護職員初任者研修を取っておくことをおすすめします。介護の資格の中でまず最初に取得できる基本的な資格ですが、持っていると身体介護を行うことができるようになりますし、基本を知っているという証明になるので転職に有利になるでしょう。
もう一段階上位の資格として介護職員実務者研修というものがありますが、これを持っていると訪問介護の事業所で責任者となることができる他、実地研修をプラスして「たん吸引」や「経管栄養」の処置も可能になるため、さらに貴重な人材として扱ってもらえるはずです。
もし現在介護職に就いているならば、さらに上を目指して国家資格である介護福祉士を取得するのも良いでしょう。上記2つの資格と違い実務経験が必要なため、未経験からいきなり取得することができる資格ではありませんが、働きながら取得を目指すことが可能です。仕事内容が大きく変わるわけではありませんが、資格手当が付くことから収入面での安心が得られる資格とも言えるでしょう。
介護職はキャリアアップしやすい仕事です。現場で経験を積みながら資格を取得し、その後また違った角度から利用者をサポートするという選択肢を持つこともできます。介護の需要が高い地域では、新しく介護業界に飛び込んでくる職員も多くいるはずです。そんな中で利用者が本当に必要としているサービスを選び、せっかく働き始めた職員のモチベーションも上げられるような、有能なケアマネージャーを目指してみるのも良いのではないでしょうか。

介護職だからこそUターンを考える

ストレスを感じやすいと言われる介護職は、やむを得ない事情で地元に戻るというケース以外にも、なじみのある環境で無理せず働きたいという理由からUターンする場合もあるようです。職場の人間関係に疲れたという人や、普段から高齢者を相手にしているが故に災害時などにふと自分の家族のことが気になった、という声も聞かれます。

特集カテゴリ一覧